Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キャリアを引く女動画12話日本語字幕フルを無料視聴する方法

韓国ドラマ『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』第12話のあらすじネタバレや感想と動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

チェ・ジウが約1年ぶりにドラマ復帰を果たした作品です。

 

チェ・ジウが演じたチャ・グムジュは、既存のキャリアウーマンのキャラクターから抜け出し、堂々とした女性像で好評を得ました。

 

共演のチュ・ジンモは政財界はもちろん、芸能界まで韓国のすべての情報を掴んでいるパパラッチメディア会社の代表ハム・ボッコ役を見事に演じ切りました。

 

特有の魅力と才気で瑞草洞を牛耳っていた女性事務長が、一瞬の没落から自身の夢と愛を成就させ再起に成功する成長ストーリーと法廷ロマンスを描いています。

 

法廷を舞台に繰り広げる、仕事も恋も諦めない大人のサクセス・ストーリー。

 

韓国ドラマ『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』第12話のフル動画高画質を日本語字幕で無料視聴する方法を知りたい人はお見逃しなく!

ユイナ

ユイナ
チェ・ジウは本格的な撮影前からすでにチャ・グムジュというキャラクターに魅了されていたそうですね。
サーヤ

サーヤ
チャ・ジウ自身と似た点も多く、また似たい点も多いチャ・グムジュというキャラクターが好きで愛情も感じるそうです。

「チャ・クムジュは執拗に努力して自身の堂々とした部分を守るキャラクターであるため、より人間的で現実的に歩み寄ることができると思います。絶体絶命の危機とチャンスの中でチャ・クムジュがどうやって成長するのか、自分の夢と愛を探すチャ・クムジュの物語を通じて多くの方々が希望を得ることができればと思います」と抱負も語っていますよ。

>>今すぐ無料視聴方法をみる

『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』前回の動画日本語字幕第11話のあらすじネタバレ

 

司法試験

 

ヘジュは教授と話をしています。

 

そこへ遅れて司法試験を受けにきたグムジュが、閉じられて門を上って越えようとしていました。

 

「入室は9時25分までです」と言われると、まだ9時24分で何としても受けないとと言うグムジュ。

 

試験監督官のヘジュは、遅刻したら入れないのは当然だと言います。

 

そしてヘジュは「入れたら最後まで試験を受けれる?遅刻して入れなくて受験できなかった。そう言い訳しそう」と言います。

 

グムジュはバカなことを言うなと言います。

 

ヘジュが入れてくださいと言い、扉があきます。

 

ありがとうと言うグムジュにヘジュは「弁護士に必ずなってね。同じ立場で勝負してみたい」と言います。

 

ついに試験が始まり、グムジュは落ち着かず手に汗をかきます。

 

ボッコからもらった手錠のブレスレットを見て、心を落ち着かせます。

 

グムジュはボッコに言われたことを思い出しながら、試験を無事に終えます。

 

Kファクトに検察が

キャリアを引く女 動画 12話

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/career/gallery/?trgt=49389#contents

 

Kファクトには警察が来ましたが、編集長が時間稼ぎをしています。

 

その間にぺク記者がパソコンの重要書類を削除します。

 

そして、ボッコはソグに電話をし、電話をとったソグは2階の執務室へ行きます。

 

ボッコが自分のパソコンの電源を入れろと言います。

 

パスワードが“マ弁護士消えろ”だと言い、ソグは何てパスワードだと言います。

 

チェ検事はKファクトの書類を押収しています。

 

編集長がめぼしい物は抜いたかとぺク記者に言うと、2階のパソコンはまだだと言い、2階を見ます。

 

するとソグが2階にいるのに気付いたチェ検事は2階へ駆け上がります。

 

ソグが電話口で急げと言っていると、チェ検事は開けろと言います。

 

ソグは中から開けますと言い、押したり引いたりしているチェ検事とソグ。

 

その間にボッコは遠隔操作で重要書類を削除しています。

 

そして、ボッコがご苦労様と言うと、ソグは3つ数えると言い、扉を開けます。

 

ゴールデンツリーでは、ボッコが逃走中であると言うニュースを見ていました。

 

グムジュと連絡が取れないのを不思議に思っているところ、今日が司法試験だとニュースで流れます。

 

その頃、グムジュは殺害現場へ来て写真を撮っていました。

 

警察に殺害現場をとってはいけないと怒られます。

 

被害者が従妹だったと芝居をし、必ず捕まえてくださいと言います。

 

写真を撮っているところへソグがやって来ました。

 

ソグは「状況証拠が代表には不利です。約7年の有罪ですね。現場で出たボタンも致命的です」と言います。

 

「私と一緒にいる時シャツのボタンが落ちた。罠にかける方法を緻密に練っていたとようね」とグムジュ。

 

「これ以上詳しくは聞きたくありません。チャ事務長が信じるなら、僕も信じますこの事件は僕が絶対解決します。ハム代表が実刑を受ければ、僕は長く待たなければならないじゃないですか。刑務所にいる人と競うのは卑怯なことです」とソグ。

 

グムジュとソグは警察に張り込んでいます。

 

グムジュは外に出てきたカン刑事に話しかけます。

 

ボッコはどこにと聞くカン刑事は「彼に伝えてくれ。自首して取り調べを受けろと。このままだと大変なことになる」と言います。

 

グムジュは刑事もボッコが犯人だと思うのかと聞きます。

 

カン刑事はわからないけど、自分たちは証拠を信じると言います。

 

宣戦布告

 

グムジュが歩いていると、いきなりボッコが現れます。

 

ごっこの指名手配のポスターが貼られている店へ行きます。

 

早くでようというグムジュに、灯台下暗しだと言うボッコ。

 

グムジュはそわそわしていますが、運ばれてきたハンバーガーを何食わぬ顔して食べるボッコ。

 

店を出て歩くボッコとグムジュ。

 

グムジュは話したいこととはボッコがこうなった事なのかと聞きます。

 

そして、ユ・テオの相手がチョ・イェリョンだとわかります。

 

家に帰り、グムジュはミナにイェリョンとテオの写真を見せます。

 

ミナは、イェリョンがテオと一緒にいた女だと言います。

 

ミナはボッコを心配しますが、グムジュは心配ないと言います。

 

その頃、ヘジュとイェリョンは手を組みます。

 

Kファクトはドンスを尾行し、イェリョンと一緒にいるところを撮ります。

 

グムジュはイェリョンと会って、宣戦布告をします。

 

その頃、ボッコはドンスと会い、ボッコもドンスに宣戦布告します。

 

強制捜査

 

ゴールデンツリに検察の強制捜査が入ります。

 

チェ検事が乗り込んできて、書類も全部押収しろと言います。

 

そこへグムジュが帰ってきて、「くそみたいな手で触らないでもらえますか。。令状まで持参したので今回は見逃します」と言います。

 

「顧客の情報を1枚でも取った瞬間、チェ検事は死ぬまで法廷で責められます。訴訟だけで500件、その覚悟があればお持ち下さい」とグムジュ。

 

「金のなる木か。恐れ入った。弁護士でもないくせに。詰めろ」とチェ検事。

 

ファン事務長は書類の山に覆いかぶさり、みんなで阻止します。

 

そこへク代表とソグが帰ってきます。

 

ク代表が「チェ検事、ゴールデンツリーはKファクトとは別の法人よ。ここを暴きたければ裁判を終えて来て。分かった?なめやがって」と言います。

 

ボッコはソグを呼び出し、グムジュに渡してくれと、不動産株式贈与契約書を渡します。

 

その頃、ボッコは二階建てバスでソクフン秘書と落ち合います。

 

「この際、俺も要員になろうか。Kファクトは国家情報院だと思われてるし。そろそろ国情院が気を使うべきだろ」と言います。

 

そして、グムジュはゴールデンツリーを守り、ボッコの無実を晴らそうと必死だと聞きます。

 

ボッコはグムジュを尾行していた男について調べたか聞きます。

 

まだわからないと言うソクフン秘書に、あいつはプロだと言います。

 

「チャさんの合格発表は?そろそろだろ?」と聞くボッコにソクフン秘書は、ジアの解剖結果を先に聞くべきではないかと言います。

 

合格発表の日

 

チェ検事が解剖報告書を確認します。

 

そこへヘジュがランチに行こうと報告書を持ってきます。

 

チェ検事がいない間に報告書に別添があり、それを見たヘジュは顔色が変わります。

 

そして、チェ検事が戻ってくると慌ててそのページを抜き取りバックに入れます。

 

ボッコとグムジュは会う約束をしていたのですが、それが検察にバレてしまいます。

 

ボッコが花束を持ってグムジュに手を振ると、グムジュの表情が変わります。

 

チェ検事たちが走ってくるのを見たグムジュが逃げろと言います。

 

ソクフンの車がやって来て、ボッコを乗せて逃げます。

 

しかし、倒れたグムジュの元へ戻って来て笑顔で花束を渡し、グムジュを乗せて再び走り出します。

 

グムジュはジア考察事件の資料を必死にチェックします。

 

合格発表の朝を迎えます。

 

グムジュの合格発表にみんな震えます。

 

「みんな何をしてるのよ。司法試験は難しいのよ。落ちたらどうする気で期待してるの?落ちる人が居るから試験なのよ。落ちた本人の前で顔に出そうで言ってるだけ」とク代表。

 

ファン事務長は、発表は知らないことにしよと言います。

 

ギョンファンの事でがっかり気落ちしたグムジュが入って来ました。

 

みんな気を使います。

 

ソグがグムジュに話しかけていると、グムジュに電話がかかってきます。

 

「はい」と言ったきりでグムジュは無言でした。

 

そして受話器を落とし、号泣します。

 

床に座り込みグムジュはただただ泣きます。

>>今すぐ無料視聴方法をみる

『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』動画日本語字幕第12話のあらすじ・ネタバレ

 

司法試験に合格

 

グムジュはボッコからの電話を受け、返事をしたきり無言で受話器を落としてその場にへたり込みます。

 

そして号泣するグムジュは、「私、デコピンされなくてもいいって。受かったみたい」だと言います。

 

ボッコは「おめでとう。チャ弁護士」と言って公衆電話の受話器を置いて、メガネをかけて立ち去ります。

 

ゴールデンツリーに花輪が届きます。

 

ボッコからだと思ったら、ヘジュからでした。

 

納骨堂でボッコはジアへ花を添えます。

 

納骨堂から出てきたボッコをチェ検事が待ち構えていました。

 

ボッコは取り囲まれましたが、ここでソクフン秘書が飛び出してきて無事逃亡します。

 

「だからここはダメと言ったのに。言う事を聞かない」とフンソク。

 

フンソクはボッコにパスポートと航空券を渡します。

 

「代表のせいで辞表を書かないといけない。頼まれてもないことをして。Kファクト陰謀説で派遣されて情が湧くなんて。一生、責任を取ってください」とフンソク。

 

ボッコは自分は責任をとる人は他にいると言います。

 

フンソクも自分も好きな人がいると言い、二人で笑いあいます。

 

クムジュがソ・ジア殺人事件の資料を見ていると、ミナが絵葉書を持ってきます。

 

それはボッコからでした。

 

ボッコはいろんな国を旅しているようです。

 

事件から2年後

 

そして2年後、グムジュは大法院司法修習所で勉強をしていました。

 

その様子をソグがこっそり見に来ていました。

 

その頃、ボッコは南の国でグムジュにハガキを書いていました。

 

グムジュとソグはギョンファンを探し続けていました。

 

ヘジュの家にはチェ検事が来ていました。

 

ハムボッコ事件の監察医は友人なのかと聞くヘジュ。

 

実はこの様子は隠しカメラで盗み撮りされていました。

 

グムジュはキム教授に呼ばれます。

 

「君の成績は非常にいいが、君に修了書を渡すのを反対してる人がいる。資格をうんぬんして。ハムボッコ事件で、犯人隠匿罪が成立すると。修了式が終わったら何とかしてみよう」というキム教授。

 

司法修習所の修了式の日。

 

ゴールデンツリーのみんなは、グムジュの修習生資格の罷免問題はどうなるのかと話しています。

 

ソグが結論が出ていないようだと言います。

 

罷免されたらどうなるのかとぺク記者が言うと、ク代表が「バッチはもらえないわね。修了式を休む分けにもいかず」と言います。

 

そこへボッコから電話がかかります。

 

「最近Kファクトが暇そうだから、特ダネを与える。千万部クラスの」とボッコが言います。

 

編集長が電話の主はもしやと言います。

 

修了式に出られなかったグムジュが肩を落として出てきます。

 

そこへ花束を持ったソグがかけつけます。

 

なぜ出てきたのかとソグ。

 

グムジュは「弁護士になる運がないみたい。大丈夫よ。事務長でも頑張れるわ。勉強したことが大事だから」と言います。

 

そこへ車と共に大勢の記者がやって来て、ボッコが現れます。

 

グムジュもソグも驚きます。

 

ボッコは花束を持って車から降りてきます。

 

ソグにフェアプレーだろと言うボッコ。

 

グムジュは「帰ってきたの?記者を呼んだの?正気なの?」と言います。

 

ボッコは「君を2年も見てないのに、正気なわけない。おめでとう、チャ弁護士」と言って花束を差し出します。

 

ボッコの逃亡を助けたのかと口々に言う記者。

 

そこにチェ検事が到着します。

 

「誰かさんが犯人をかくまっていると言うから。迷惑かけたくなくて。パートナーさん一緒に行かなきゃ」とボッコ。

 

そして、グムジュは拘置所のボッコに会いに行きます。

 

ボッコの弁護はグムジュがすることになり、グムジュの弁護士デビューが決まります。

 

ボッコに接見

 

ゴールデンツリーでは対策会議をします。

 

証人を誰にするかと言う話で、パク監察医に頼みに行くことにします。

 

グムジュはボッコに接見しに行きます。

 

グムジュの弁護士バッチを見てボッコは「準備したか?何て顔してるんだ。君がバッジを付ける日を待ったのに」と言います。

 

グムジュは自分に受任していいのかと聞きます。

 

ボッコはそのために自首したと言います。

 

「初心者に任せて有罪になるかも。懲役12年くらい」とグムジュ。

 

初めての事件で有罪になるのは心配なのかと聞くボッコに、ボッコだからだとグムジュ。

 

「早くも勝率を考えてるのか?チャさん。弁護人が最も成長する時を知ってる?裁判で勝った時ではなく、負けた時だ。ガッツリ準備してズタボロに玉砕すると、本当に成長できる。負けることがそんなに怖いか?」とボッコ。

 

ボッコはそんなことよりグムジュの身の安全の方が心配だと言います。

 

借りを返せなくなった

キャリアを引く女 動画 12話

出典:https://twitter.com/RiseKuwabara/status/800486943523864576

 

ゴールデンツリーの事務所では、フンソクがミナにミナを連れ去って殴った人の確認をしていました。

 

チェ検事がパク監察医を飲みに誘います。

 

チェ検事がトイレに言っている隙にヘジュが探りを入れます。

 

ハムボッコ事件の解剖で、何か特別なものはなかったかと聞きます。

 

パク監察医は、異物があったと言います。

 

「アメの包み紙に描いたようだが、検察で何の話しもないので、意味はないようです。でも何故ですか?」とパク監察医。

 

続けて探りを入れるヘジュ。

 

「普通遺体は家族に送り、異物は半年後、廃棄処分にします」とパク監察医。

 

ヘジュは科捜研にも残っていないのかと確認します。

 

そして、ヘジュはグムジュに「借りを返したい」と電話します。

 

そんな様子をカンプロが監視カメラで録画していました。

 

カンプロはドンスに電話し、ヘジュが妙なことを知ったと言います。

 

翌朝、パク監察医の死体が発見されます。

 

ヘジュは恐ろしくなり、グムジュとの待ち合わせ場所に現れませんでした。

 

ヘジュは気が狂ったように家で暴れています。

 

そこへグムジュがやって来て、ヘジュに何があったのか聞きます。

 

ヘジュはグムジュに借りは返せないと言います。

 

そして、裁判で解決するのを見せてあげると言うヘジュ。

 

ゴールデンツリーでは、監察医が自殺したなんておかしいと話しています。

 

グムジュは死体解剖報告書を見直します。

 

別添の臓器分析報告書を手に取り、1ページないことに気付きます。

 

ソグに電話し、死体解剖報告書の別添資料を見たかと聞きます。

 

ソグとグムジュが別添資料について話していると、ク弁護士が帰ってきました。

 

「明日の裁判は無理よ。今、夫のせいで警察署に行って来たの。刑事告訴されて裁判はできない」とク弁護士。

 

ク弁護士がいないからどうするのかとグムジュが言うと、ク弁護士がチャ弁護士がやるのと言います。

 

グムジュは首を横に振ります。

 

「ビビらないで。私が事務長をやってあげる。弁護のプロ9段が事務長をやるのよ。いい?」とク弁護士。

 

ソジア殺人事件第1次公判開始

 

ソジア殺人事件第1次公判がついに始まりました。

 

ソグが緊張防止のために持ってきたと、グムジュの指サックを渡します。

 

グムジュは深呼吸をします。

 

現場で出た証拠がボッコが犯人だと物語っているというカン警部補。

 

そして、無罪ではないから逃げたのではないかとも言います。

 

ここでソグが反対尋問をします。

 

ソグの反対尋問に何も言うことができないカン警部補。

 

チェ検事がぺク記者の尋問を申請します。

 

ボッコとグムジュのキス写真を見せます。

 

チェ検事がボッコにこれがどんな写真が説明しろと言います。

 

ボッコは「見れば分かるでしょう。美男美女の美しいひとときです」と言います。

 

「被告人の陳述どおり、弁護人と不適切な関係だと証明する写真です」とチェ弁護士。

 

ソグは「異議あり。本件と関係ありません。被告人の陳述を参考にしてほしいのです。重大な殺人事件で弁護人が感情移入し裁判を不当に長引かせると裁判所とマスコミは念頭に置いて下さい」と言います。

 

ここでボッコが「検事さんに質問しても?すいません。法廷で質問されるよりするほうが慣れているので。不適切の定義は何ですか?私と弁護人は独身です」と言います。

 

「昨夜、一緒に寝ても問題ない関係です。チェ検事が不適切な関係に敏感に反応する理由が、他にあるのでは?不適切な関係について質問があれば、いくらでもどうぞ。検事さんの話を聞いたら、早く無罪になって楽しい時間を過ごしたい」と言い、グムジュにウィンクします。

 

ここで、プロファイラーのクオン警部の尋問を申請します。

 

クオン警部は犯人は人を何人の殺したプロだと言います。

 

グムジュはボッコとは別の犯人もあり得ると言う証言を引き出すことに成功します。

 

裁判はグムジュ達に有利に進みます。

 

その頃、ヘジュは虚ろな目で法廷へ向かっていました。

ユイナ

ユイナ
ソジア殺人事件からまさかの2年が経過した何て驚きました。
サーヤ

サーヤ
グムジュのピンチにはやはりボッコが駆けつけました。

これによってグムジュは無事に弁護士バッチをもらうことができましたね。

そして、ソジア殺人事件がグムジュの弁護士デビューとなりましたが、どのように弁護していくのか、グムジュの腕の見せ所ですね。

>>キャリアを引く女動画12話日本語字幕フルを無料視聴する方法

『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』動画日本語字幕第12話の見どころ・注目キャスト

 

  • グムジュの司法試験の合否がわかる瞬間
  • ボッコの登場シーン
  • ヘジュの表情
  • 緊迫した裁判シーン

が見どころとなっています。

ユイナ

ユイナ
やはりグムジュの初弁護士デビューが一番の見どころではないかと思います。
サーヤ

サーヤ
今までは事務長として出席ていましたが、これからは弁護士として出席し、自分の口で弁論していきます。

そんなどうどうとしたグムジュが素敵ですよ。

グムジュとソグ、そしてボッコの息の合った法廷でのシーンは必見です。

>>キャリアを引く女動画12話日本語字幕フルを無料視聴する方法

『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』動画日本語字幕第12話を視聴した人の感想

 

 

 

 

 

 

>>キャリアを引く女動画12話日本語字幕フルを無料視聴する方法

『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』動画日本語字幕第12話 まとめ

ユイナ

ユイナ
法律用語がとても多ク演じるのが大変だったそうですよ。
サーヤ

サーヤ
チュ・ジンモは、チェ・ジウともめるシーンを撮影したそうです。

そこで法律用語がいくつが入っていて、その法律用語が出てくる時点でいつもNGが出てしったようですよ。

今までこんなにNGを出したことがないと思うほどだったそうです。

韓国ドラマ『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』12話のあらすじや感想と動画を日本語字幕で無料視聴する方法をご紹介しました。

 

逃亡していたボッコがついに韓国へ帰ってきました。

 

それも絶妙なタイミングで。

 

グムジュが無事に弁護士になり、ボッコを無実の罪から救うことができるのか、これがこれからの一番の見どころとなりますね。

 

『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』を見ようか迷っていた方も、知らなかった方も、ぜひ当サイトを読んでいただいて、一緒に『キャリアを引く女~キャリーバッグいっぱいの恋~』を楽しみましょう。

>>キャリアを引く女動画12話日本語字幕フルを無料視聴する方法

本ページの情報は2018年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 ※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キャリアを引く女 パンドラ dailymotion

キャリアを引く女パンドラ・Dailymotionでみれない?動画日本語字幕フルを...

キャリアを引く女DVD・レンタルは?ラベルと無料視聴も紹介

キャリアを引く女DVD・レンタルは?ラベルと無料視聴も紹介

キャリアを引く女あらすじを完全ネタバレ!無料視聴がかなりお得 ネタバレ

キャリアを引く女あらすじを完全ネタバレ!無料視聴がかなりお得

キャリアを引く女 動画7話

キャリアを引く女動画7話日本語字幕フルを無料視聴する方法

キャリアを引く女 ost

キャリアを引く女OST・曲は?歌詞和訳を動画付きで紹介!

キャリアを引く女感想は面白い?評価を検証してみた

キャリアを引く女感想は面白い?評価を検証してみた