東方神起「ジェジュン」日本ドラマ『素直になれなくて』の動画を無料視聴するには?

東方神起ジェジュン日本ドラマ『素直になれなくて』の動画を無料視聴するには?

元東方神起でJYJキム・ジェジュン出演の日本ドラマ『素直になれなくて』のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を無料視聴する方法をご紹介して参ります!

 

フジテレビで放送された『素直になれなくて』は、ジェジュンが東方神起のメンバーだった頃に出演した作品です。

 

ドラマは5人の若者がTwitterを通じて知り合い、真の友達・仲間になっていく様を描いた、青春群像劇です♪

 

5人の共演者には瑛太、上野樹里、ジェジュン、関めぐみ、玉山鉄二が登場!

 

5人がオフ会で出会い、関係が始まってゆくのですが、皆それぞれ悩みを抱えていました・・・

 

ジェジュンは仲間の中の1人に恋をします。

 

ジェジュンの恋の行方はどうなってゆくのでしょうか?

 

今回はジェジュンが出演した日本ドラマ『素直になれなくて』のフル動画高画質を無料視聴する方法を知りたい方はお見逃しなく!

【韓国ドラマ】を「無料」で見たい方へ

U-NEXTなら最新・名作・見逃した作品・600タイトル以上が無料で見れる。

>>U-NEXT【31日間・無料視聴】お試しはコチラ♡
登録は簡単(2ステップ)いつでも「無料」解約できます♪

『キム・ジェジュン』出演『素直になれなくて』とは?

 

  • 放送日程:2010年4月15日~2010年6月24日
  • 脚本:北川悦史子
  • 演出:光野道夫、西坂瑞城、森脇智延
  • プロデュース:中野利幸

 

当時、ジェジュンは東方神起メンバーでしたが、グループは分裂騒動が起きていました!

 

そのため、グループの活動は中止状態でした。

 

そんな中でのジェジュン日本ドラマ出演だったのです。

 

キム・ジェジュン出演日本ドラマ『素直になれなくて』あらすじ・ネタバレ

 

今、何してる?

 

駆け出しカメラマンの「ナカジ」こと中島圭介(瑛太)、高校の非常勤講師「ハル」こと水野月子(上野樹里)はツイッターを通して知り合います。

 

ナカジに好感を抱いていたハル。

 

ある時、ハルはナカジに会える事に。

 

何人かのフォロワーと渋谷で会う事になったのです。

 

ハルは親友の西村光(関めぐみ)を無理り同伴して待ち合わせの店へ。

 

そこで、韓国出身の「ドクター」ことパク・ソンス(ジェジュン)と雑誌編集者の「リンダ」こと市原薫(玉山鉄二)と出会います。

 

遅れてナカジがやって来て、その顔を見て驚くハル。

 

昼間ハルがカフェで珈琲をこぼし、慌ててズホンを拭こうとしたハルを痴漢呼ばわりしたのがナカジだったのです!

 

気まずいまま盛り上がらず、2次会へ行くと言うドクター達を別れ、帰路につくハルとナカジ。

 

ところが2人は同じ駅を利用するご近所同士だったのです!

 

電車を降りたハルはナカジと別れ、コンビニに立ち寄ります。

 

ナカジはハルを送り届けるため、店の外で待っています。

 

ハルはナカジに痴漢呼ばわりされた事に謝罪を求め、汚したズボンをクリーニングすると行って紙袋を奪おうと取り合いに・・・

 

その拍子でハルが転んで擦りむいてしまいます。

 

ナカジはハルをアパートへ連れて来き手当します。

 

その際にハルの見せた表情に心惹かれ、思わずキスしてしまいます。

 

ナカジは戦場カメラマンだった父・亮介(吉川晃司)の影響で同じ道を目指していました。

 

しかしまだ仕事を選ぶ立場ではなく、アダルト雑誌の撮影などをこなしていました。

 

一方のハルは、生徒に現代詩に興味を持ってもらおうと、好きな歌などをあげて貰っていました。

 

それを知った正規の教師から「自分のやり方教えたいのならまず教師になってみろ」と怒られてしまいます。

 

ナカジたちに医師だと嘘をついたドクターは、医療機器メーカーの営業マンでした。

 

営業成績は最下位で、いつも上司にいびられていました・・・

 

ハルの親友・光は不倫相手の子供を妊娠したのではないか、と不安。

 

光は飲み会で親しくなったリンダに産婦人科まで付き合って貰います。

 

リンダは飲み会の後、光とホテルへ行ったが、何も出来ず。

 

そんなリンダは編集長の奥田(渡辺えり)から逆セクハラを受けていました・・・

 

ドクターの誘いで飲みに出かけたハル。

 

自分の高校の女生徒2人が、飲み屋に男たちと来た事に気付きます。

 

立ちあがって生徒に帰るよう言うハル。

 

男達の前に立ちはだかるハル。

 

ハルのピンチに現れ、助けたのはナカジでした!

 

ハルが仕事の事で悩んでいると察したナカジ。

 

「ガンバレ」と書かれた缶コーヒーをハルにあげます。

 

実は以前、ナカジのツイートを見て落ち込むナカジに「ガンバレ」とハルがリプライした事があったのです。

 

ナカジのズボンをクリーニングし、彼の家に届けたハル。

 

しかし出て来たのはナカジの恋人・桐子(井川遙)でした・・・

 

仲間、いますか?

 

汚してしまったナカジのズボンを届けたハルは、出て来たナカジの恋人・桐子に遭遇。

 

光は不倫相手の矢野(勝村政信)に会い、妊娠したかもしれないと伝えていました。

 

しかし矢野は「自分の子供か?」と冷たい反応。

 

その夜ハルはコンビニでナカジに出会います。

 

ハルは突然部屋を訪ねたことを謝罪。

 

話している内に自然といつもの調子に戻る2人。

 

別れ際、ナカジはプリントした写真をハルに渡します。

 

それは2人が初めて会った時に撮影したハルの写真でした。

 

突然、事件が起きます。

 

「ピーち」というアカウント名でツイッターに参加した光が、自殺を予告して手首を切ったのです。

 

それに気づいたナカジ、ハル、ドクターはお互い連絡を取り、リンダの知り合いがる病院へ彼女を運びます。

 

光は命に別条はなく、すぐに意識を取り戻します。

 

「みんな光のために集まったんだよ」と励ますハル。

 

光は「ピーち」がいい、と言い、生まれ変わって新しい自分になりたい、と言います。

 

ドクターはピーちの気持ちが分かる、と言います。

 

ドクターも新しい自分になりたくて来日したものの、友人も出来ず仕事も上手くいかない毎日に悩んでいました。

 

そして仲間を求めてツイッターを始めたと言います。

 

そんな話を聞いてナカジとリンダも共感を覚えていました。

 

ピーちの自殺騒ぎの際に、リンダの親が病院を経営していることを知ったドクター。

 

後日リンダの元を訪れ、医療機器の契約を頼むドクター。土下座までします・・・

 

実家とは疎遠になっていたリンダですが、ドクターのために実家を訪れます。

 

一方、ナカジも仕事を得るためリンダを訪れます。

 

リンダはナカジが持参した作品集を編集長の奥田に見せると約束します。

 

数日後、ピーちの退院祝いのため行きつけの「ザ・エモーション」に集まるナカジ達。

 

久しぶりに楽しい時間を過ごす5人は、店を出たあとも、公園でサッカーをしてはしゃぎます。

 

その際ナカジはハルとドクターが互いに意識し合っている、と勘違いします。

 

ナカジから映画に誘われたハルは気合いを入れてお洒落します。

 

しかし待ち合わせに現れたのはドクターでした。

 

ナカジが2人のデートを仕組んでいたのです。

 

ドクターは元気のないハルを気遣いながら、韓国語で自分の想いを伝えます。

 

ナカジはロケの仕事に行くついでに桐子が忘れた結婚指輪を彼女の家まで届けに行きます。

 

しかし予定より桐子の夫が出張から早く帰宅していたため、渡せず。

 

ナカジが駅につくと、反対側のホームハルの姿がありました。

 

気軽に声をかけるナカジに、「大嫌い!」と気持ちを抑えられないハル。

 

ナカジが乗った電車が行った後、ホームにしゃがみ込むハル。

 

ハルは「本当はナカジが好きだったのに・・・」とつぶやきます。

 

するとそこにナカジの姿がありました!

秘密ありますか?

 

ナカジが内緒でハルとドクターのデートをセッティングした夜。

 

帰宅したハルは駅でナカジに出会います。

 

ナカジが去ったと思い、「本当はナカジが好きだった」と呟いたハル。

 

しかしその言葉をナカジに聞かれてしまいます。

 

慌てて場を取り繕うとするハル。

 

ナカジは正直に想っている人がいる事を伝えようとしますが、ハルに制止されます。

 

「分かっているから、大丈夫」だと。

 

同じころ、リンダは編集長の奥田の自宅を訪れていました。

 

奥田は自分の雑誌でナカジを使ってもいい、と言います。

 

室内に入るなり奥田に抱きつかれたリンダは決意し、奥田をベッドに押し倒します。

 

しかし、奥田を抱く事は出来ませんでした・・・

 

不倫相手の子供を身ごもってしまったピーちは産婦人科を訪れます。

 

医師から子供のエコー画像を見せられ、中絶をためらいます。

 

ある夜、桐子がナカジのアパートにやって来ます。

 

ナカジは眠っています。するとナカジの携帯にハルからメールが・・・

 

ハルからのメールに気づく桐子。

 

明くる日、「ザ・エモーション」でナカジを待つハルの姿がありました。

 

ナカジから呼び出されたのです。

 

しかしそこへやって来たのは桐子でした。

 

桐子は結婚していること、ナカジとの出会いなど一方的に話始めます。

 

そしてナカジは運命の相手なのだと言います。

 

必死に耐えながら聞いていたハルは「そう思うならなぜ別の人と結婚したのか」と言い返します。

 

桐子は経営危機に陥った父のために取り引き先の人間と結婚しなければならなかったと言います。

 

悲劇のヒロインぶってるだけだ、とハルに言われた桐子は激高し、ナカジとお揃いのタトゥーをハルに見せつけます。

 

ハルに掴みかかる勢いで迫る桐子。

 

その時グラスが落ちて割れ、見かねた店員が2人を諌めます。

 

仕事を終えたナカジは父に会っていました。

 

いつもの様に金の入った封筒を渡すと、父は何も言わずそれをナカジに返します。

 

そして父は自分が使っていたカメラをナカジに渡します。

 

ナカジやハル、リンダたちは久しぶりに「ザ・エモーション」に集まります。

 

この集まりの会を「素直になれない会」=「スナナレ会」と別名。

 

カミングアウト・ゲームで盛り上がる5人。

 

ピーちはCAだと嘘をついていた事、ドクターは医師だと嘘をついていた事などを告白。

 

途中、気分が悪くなりトイレに駆け込んだピーちはハルに妊娠している事を告白。

 

リンダは父親の病院が買ってくれる医療機器のリストをドクターに渡します。

 

自宅で1人ワインを飲んでいた桐子。

 

叩き割ったグラスで自分の手を傷つけます。

 

「スナナレ会」から戻ってきたナカジに「偶然ハルに会って口論になって彼女が投げたグラスで怪我をした」と嘘を言います。

 

別の日。雨に振られたハルは傘を買うためコンビニへ。

 

そこでナカジに出会います。

 

ナカジはハルを待ち、コンビニからの帰り道に桐子の件を持ち出します。

 

そしてハルに「あの人には近づくな」と忠告します。

 

信じて貰えない悲しみを堪え、桐子と居て、ナカジの未来はどうなるのかと問いただすハル。

 

「お前には関係ない」とナカジから冷たく言い返されます。

 

涙をこらえながら自宅まで歩いて来たハル。

 

そこにはハルを待っていたドクターの姿がありました。

 

ピーちに住所を聞いたのだと言います。

 

ずぶ濡れのハルに傘とピンクのチューリップを差し出すドクター。

 

ドクターに思わず抱きつくハル!

 

ドクターもハルを抱きしめます!

 

 

思わずドクターに抱きついてしまうハル。ドクターもハルを抱きしめます。

 

ドクターは好きだ、と告白しますがハル泣いていたのに気付きます。

 

こういう場面ではフェアではない、と思いハルを励まして去っていきます。

 

ある日、リンダから「スナナレ会」のメンバーに誘いが来ます。

 

ドクターがリンダの父の病院に医療機器を納入する契約をまとめたからお祝に飲もう、というもの。

 

ナカジやハルたちはいつもの「ザ・エモーション」に集まります。

 

その席でピーちは妊娠した事を告げ、シングルマザーになる事を決意します。

 

ドクターたちは店にあるゲームで楽しみ出します。

 

取り残されたナカジとハルは気まずいままです。

 

2人の様子がおかしいと気づいたドクターは、ハルを泣かせたのがナカジだと分かり、殴り合いの喧嘩になってしまいます!

 

別の日、ドクターはリンダに案内状の作成の相談をします。

 

リンダは皆を仲直りさせたい気持ちもあり「スナナレ会」のメンバーに声をかけます。

 

その結果、写真はナカジ、本文はハル、モデルはピーちが協力してくれることに。

 

ナカジが帰宅すると桐子が来ていました。

 

ハルがクリーニングしてくれたズボンを桐子が切り刻んでいた事に気付きます。

 

「ザ・エモーション」で会ったナカジとハル。ナカジは桐子の話を切り出し、彼女が嘘をついたのかな?とハルに聞きます。

 

ハルは彼女に聞いた方がいい、と答えていました。

 

ナカジたちのおかげでドクターは無事に案内状を完成させます。

 

ところがドクターの同僚が勝手にデータを持ち出し、別の案内状に使ってしまいます。

 

「みんなに手伝ってもらったのに、ごめんなさい」というドクターのツイートを見たハル達は心配してドクターの会社へ。

 

事情を知り、もう一度案内状を作り直すことに。

 

桐子と食事をする約束をしていたナカジも駆けつけます。

 

案内状を完成させた一同は「ザ・エモーション」へ飲みに出かけます。

 

ハルの弟・シュウは松島(ハルの勤める学校の生徒)たちと一緒にいました。

 

ハルの母・祥子は亮介(ナカジの父)の様子を心配し、彼の元へ急いでいました。

 

桐子はナカジが部屋に忘れた携帯電話に気付きます。

 

ドクターのことで電話して来たハルのメッセージ聞く桐子。

 

飲み会の席でドクターは皆に感謝の気持ちを伝えると、隠しごとはしたくない、と言いだします。

 

そしてハルに向かって、付き合って欲しい、と告白します!

 

ナカジは「ハルはドクターの様な人に守って貰った方がいい」と言い・・・

 

君を守る!

 

ナカジやハルたちは「ザ・エモーション」で飲んでいました。

 

突然ハルに告白するドクター。

 

ナカジは「ハルはドクターみたいな人に守って貰った方がいい」と言い出します。

 

そんなナカジにピーちはドリンクを顔に浴びせます。

 

ハルは「ごめんなさい」とだけ言い残し、店を出て行ってしまいます。

 

ショックを受けたドクターはリンダとピーちをやけ酒に付き合わせます。

 

ナカジはハルと一緒に帰り、そんな2人の様子を桐子が見ていました。

 

ナカジの父・亮介が倒れたと連絡が入ります!

 

病院へ駆けつけるナカジ。

 

そこには祥子(ハルの母)の姿がありました。

 

亮介は偶然通りかかった人に助けて貰ったと嘘を言います。

 

祥子の名前と彼女に臨時教師の娘がいる事をナカジは知ります。

 

ナカジのアパートにドクターがやって来ます。

 

ハルを振り向かせる!と宣言するドクター。

 

ナカジは彼女がいることを打ち明け、ドクターもハルも大事な友達だ、と言います。

 

ドクターが本気なら応援する、と。

 

リンダは編集長の奥田がナカジに目をつけてる事を危惧。

 

インターネットで購入した薬を服用し、奥田と強引に関係を結びます!

 

ナカジはリンダのおかげでグラビアページの仕事を得ます。

 

ハルは学校で、優等生の松島が薬の受け渡しをしている場面を目撃します。

 

放課後、松島の後をつけるハル。

 

ビルの屋上で仲間たちと合流した松島に声をかけたハルは逆に捕まってしまいます。

 

ハルは一瞬の隙を見て、ツイッターで助けを呼びます。

 

「たす」の2文字のツイートを見たナカジとドクターは異変を感じハルを探します。

 

ナカジの携帯にピーちから連絡が入り、ピーちは腹部の激痛に襲われ、ビルの踊り場でうずくまっていました・・・

 

賭けつけたナカジが彼女を病院へ運びます。

 

同じころ、ハルの居場所を見つけたドクターは松島の仲間たちと対峙。

 

ナイフを出してきた相手にも怯まず必死にハルを守るドクター。

 

ハルが警察に連絡したのを知った男達は逃げ出します。

 

「ボク、合格ですか?」

 

「ハル守れましたか?」

 

ドクターがつぶやきます・・・

 

怪我をしてボロボロになりながらもハルを守ったドクターを抱きしめるハル。

 

二人の秘密

 

ナカジはリンダのおかげで、奥田が編集長を務める雑誌「IT」の連載ページの仕事を得ます。

 

ナカジは桐子にプレゼントを贈ろうと決めます。

 

ハルは松島たちのグループに襲われ、心身ともに疲れていましたが、母に心配かけまいと普通に仕事に行きます。

 

ハルは自分を助けてくれたドクターの優しさに応えたい、と彼と付き合う事を決心します。

 

それを知ったドクターや、ハルの学校に通うドクターの妹も大喜びします。

 

ナカジは仕事の途中、ピーちの店へ顔を出します。

 

流産した彼女の事を心配しています。

 

そんな時ハルから電話が来ます。ハルの様子がおかしい事に気付いたナカジは彼女の元へ急ぎます。

 

ハルは今回の事件で相当ショックを受けている様子。

 

ナカジはハルを元気づけようと、動物園へ連れて行きます。

 

ある日、ハルの元へ退学処分になった松島から電話が。

 

ハルに謝りたいと言い、もう一度やり直したいと言う松島に、本気ならば力になるとハルは答えます。

 

しかしその話を知ったドクターは「クスリに手を出す人間は信用してはいけない」と釘を刺します。

 

ナカジは桐子に指輪をプレゼントしますが、桐子は受け取りません。

 

いきなり別れ話を切り出されます・・・

 

「夫に浮気がバレたから、もう愛だとか恋だとか言ってられない、今の生活を捨てられない」と、桐子。

 

桐子の言葉にショックを受けるナカジ。

 

夜コンビニでナカジに出会ったハルは彼の家に寄ります。

 

そこでハルは松島と話した件を打ち明け、弟のシュウがクスリに手を出した事がある過去も告白。

 

背を向けて涙を拭くハルに「ガンバレ」とメールするナカジ。

 

ハルは「たまには口に出し言ってよ」と返します。

 

するとナカジはハルを抱きしめ・・・

 

いけない夜

 

桐子から別れ話をされたナカジはリンダの紹介で得た仕事も乗り気でなくなっていました・・・

 

ハルはドクターの積極的な行動に戸惑っていました。

 

実はドクターは妹からハルとナカジが2人でる所の写真を見せられていました・・・

 

ドクターは2人は友達だよと、妹に言ったものの不安は拭えません。

 

ハルは校長から知り合いの私立高校の専任教諭の試験を受けてみないかと誘われます。

 

自転車でつもの帰り道、つい癖で桐子の家に行ってしまうナカジ。

 

ちょうど買い物に出て来た桐子と会います。

 

2人はお茶を飲み、ハルに傷つけられたと言ったのは嘘だったと告白し謝罪する桐子。

 

ナカジは知っていたけど嫌いになれなかったと言います。

 

別れ際に、もう来ないで欲しいと桐子は言い、彼女はお揃いのタトゥーもすでに消していました。

 

桐子と別れた後彼女にプレゼントするはずだった指輪を川に投げようとするナカジ。

 

しかし小学生の女の子に話しかけられ、その子に指輪をあげてしまいます。

 

ナカジを心配するリンダから様子を見て来て欲しいと言われたハルはナカジの家へ。

 

そこでナカジが桐子に振られたことを知ります。

 

ハルは「自分にとってナカジが何でも何でも話せて、会えば勇気を貰えるような相手であるように、自分もナカジにとってそうありたい」と話します。

 

コンビニで買った缶コーヒーを彼に渡し、家を後にします。

 

珈琲にはマジックで「ガンバレ!」と書かれていました。

 

別の日、リンダの呼びかけで連載グラビアが好評だったナカジを祝う「スナナレ会」が開かれます。

 

ハルは試験勉強のため先に店を後にします。

 

そこでドクターは店に残ったナカジ、リンダ、ピーちに「ハルと大人の関係になった」と嘘をつきます。

 

その日。珍しくナカジとドクターが酔い潰れます。

 

ナカジをピーちが、ドクターをリンダが送って行く事に。

 

その際、リンダは「何故嘘をついてのか?」とドクターに尋ねます。

 

「焦って追いかけると女性は逃げる」と助言も。

 

ドクターに「好きな人はいないのか?」と聞かれたリンダは「いるけど叶わない恋だ」と答えます。

 

ナカジを家まで送ったピーちは、ハルとドクターが寝た事がそんなにショックだったのか?と尋ねます。

 

ナカジは「ハルはそんな事しないと思っていた」と答えます。

 

始発の時間まで飲もう!と言うナカジの手をピーちが掴み、彼にしがみつきます。

 

明くる朝、ハルが単身赴任中の父から送られた蟹を持ってナカジの家へ。

 

ハルは床に落ちていたピアスに気付き、言いわけしようとするナカジを制し、出て行きます。

 

ハルが出て行くとそこにはピーちの姿が・・・

 

ハルはナカジの部屋にあったのはピーちのピアスだと気づきます。

 

衝撃の真実

 

ナカジの部屋でピーちが一晩過ごした事を知ったハル。

 

ショックを受けるハルに、「昨日は我慢した」と説明するピーち。

 

そしてナカジを好きになってもいいか?と問いかけます。

 

ナカジは自分の写真が載っている雑誌を持って父の家を訪ねます。

 

そこで祥子(ハルの母)と鉢合わせします。

 

ナカジと喫茶店へやって来た祥子は結婚前に亮介と交際していた事を告白します。

 

ドクターとハルはデートで映画へ出かけます。

 

その帰り、彼を家に招待するハル。

 

リンダは編集長の奥田と共にナカジを呼び出し、仕事の依頼があった事を伝えます。

 

それはかつてナカジの父・亮介が仕事をしていた春講社からの依頼でした。

 

その際、ふと、ナカジはリンダと奥田の関係が気になります。

 

ナカジからその事を聞かれたリンダは「ただの上司だ」と答えます。

 

ナカジの元にピーちから電話が来ます。

 

ピーちは別れた不倫男の事で泣いていました。

 

ナカジはピーちと会って話を聞く事に。

 

ナカジは「これからもっといい恋愛をすべきだ」とピーちにアドバイスします。

 

するとピーちは「その恋愛にナカジが付き合ってくれないかな」と告白。

 

夜、コンビニでナカジに会ったハルはピーちの事を切り出します。

 

ハルはピーちからの電話で彼女がナカジに告白した事を知っていました。

 

ハルはつい「ピーちをよろしく」と言ってしまい「それでいいのか?」とナカジに迫られます。

 

が、次の瞬間、ナカジが誤魔化したので怒りだすハル。

 

再び父の家を訪ねたナカジ。そこで父・亮介がガンに侵されている事を知ります。

 

ハルはドクターの家を訪れ、手料理をご馳走します。

 

そこへナカジから電話が来ます。ドクターと一緒だと気づいたナカジはすぐ電話を切ります。

 

ナカジが家へ帰ると、思いつめた顔のリンダがいました。

 

リンダは奥田から箱根旅行に誘われていました。

 

しかし待ち合わせ場所に向かったリンダはそこから逃げ、ナカジの元へ。

 

ナカジの顔を見たリンダはナカジに抱きつきます。

 

突然の事に驚くナカジ。

 

そこにピーちがやって来ます。

 

リンダはナカジから離れ、冷静を装いナカジに忘れ物を届け、ピーちに気を使った去っていきます。

 

残されたピーちとナカジ。

 

ピーちはナカジの部屋にあるガンの本を見つけます。

 

ナカジは父が病であることを告げます。

 

ピーちはナカジを抱きしめ、「私がそばにいる、ずっと好きだった」と告白します。

 

同じころ、食事を終えたハルは家に帰ろうとしていました。

 

ドクターはそんなハルを抱きしめ、「今日は帰したくない・・・」と告げます。

君の命

 

ナカジはピーちから告白されますが、「君とはそういう関係にはなれない」と断ります。

 

同じころ、ハルはドクターの家を後にしていいました。

 

ドクターが「今夜は帰したくない・・・」と言いハルを引きとめますが、焦っては駄目だ、と思い返します。

 

ナカジは父・亮介が肺がん侵されてることにショックを受けながらも、病院の資料を届けに行きます。

 

ドクターはハルに指輪をプレゼントするためにアルバイトを始めます。

 

そんな時、ドクターの元に父親が倒れたとの知らせが届きます。

 

撮影スタジオで奥田編集長と会ったナカジは、リンダが会社を無断欠勤していると聞きます。

 

電話にも出ないリンダを心配したナカジは彼のマンションへ。

 

その頃、リンダはカフェでピーちと会っていました。

 

ナカジに対するリンダの気持ちを知るピーちは「人を好きになる気持ちはみんな一緒だ」と言って励まします。

 

リンダがマンションに戻るとそこにはナカジの姿が。

 

ナカジは奥田も心配しているから、電話だけでも入れる様に告げます。

 

ドクターの妹から聞き、ドクターのアルバイト先を訪ねるハル。

 

ハルはドクターに見せられたパンフレットの高価な指輪ではなく、露天で売ってる指輪を一緒に買いに行きます。

 

ドクターは父が倒れて一度、韓国へ戻らなければいけない事を打ち明けます。

 

そして会社を手伝う事になったら、一緒に来て欲しい、とハルに言います。

 

ピーちはナカジと相談して、落ち込むリンダのために「スナナレ会」のメンバーで海に行く計画をします。

 

久しぶりに5人が揃い、浜辺で楽しい時間を過ごします。

 

そこでドクターは韓国へ戻るかもしれない、と皆に伝えます。

 

ナカジと花火の買出しに行ったハルはドクターと韓国へ行くかもしれない、打ち明けます。

 

2人は途中、休憩して線香花火をします。

 

花火に照らされるハルの顔をみつめるナカジ。

 

そんな2人の様子を見つめるリンダの姿がありました。

 

別の日、リンダマンションにナカジがやって来ます。

 

奥田から新企画の資料とお見舞いの品を頼まれたとの事。

 

リンダは海で気分転換もしたし、もう暫くしたら会社に戻ると言い、ナカジも安心します。

 

ナカジと食事するため買い物に出たリンダ。

 

リンダが帰ると、疲れて眠るナカジの姿がありました。

 

その姿を見たリンダは衝動を抑えられず、そっとナカジの背中に抱きつきます。

 

すると、ナカジが目を覚まし、驚いた顔でリンダを見ます。

 

リンダは何も言えず、部屋を飛び出して行ってしまいます。。。

 

ナカジは春講社の仕事でスタジオに入ってからもリンダの事が気になっていました・・・

 

何度電話してもリンダは出ません。

 

すると撮影中にリンダか電話が来て「一言、あやまりたかった」と。

 

撮影が終わったら会おうと約束して電話を切ります。

 

それでも不安が拭えないナカジは撮影を中断し、リンダの元へ向かいます。

 

リンダが「ザ・エモーション」に居るのでは?と考えたナカジは店へ向かいます。

 

店に行くとリンダが来ている様子。しかしリンダの姿はなく・・・

 

トイレに行くと、扉は閉まったまま。

 

力ずくで扉を開けるナカジ。

 

すると中には、血まみれで倒れているリンダの姿が!

 

死なないで!

 

ナカジは「ザ・エモーション」のトイレで倒れているリンダを発見。

 

病院へ運びます。話を聞いたハルやドクター、ピーちも病院へ駆けつけます。

 

リンダの母・美佐子は息子を病院へ運んでくれたナカジに感謝し、駆けつけたハルたちの存在を知り涙ぐみます。

 

ハルは間近に迫った試験に向け猛勉強を続けていました。

 

一時帰国するドクターはハルに一緒に来てほしい、と伝えますが試験が終わってから考えたい、と答えます。

 

一命を取り留めたリンダは回復に向かっていました。

 

しかしある時、容体が急変。

 

ナカジに自分のために泣いてくれたことに感謝し、「幸せだった」と言い残し、そのまま帰らぬ人に。

 

採用試験を受けたばかりのハルは知らせを聞き、その足で病院へ。

 

ハルは病院の屋上で泣いていたナカジに寄り添います。

 

ハルの元に採用試験の結果が届きます。結果は不合格。

 

ドクターは「先生はハルの夢だけど、もうひとつの人生も考えてみて」とハルに話します。

 

ナカジのアパートを訪れた父・亮介は一緒に写真を撮りに行きます。

 

友人の死にショックを受けるナカジに父は「人はいつか死ぬ」

 

「生きているうちが勝負だ」と告げます。

 

祥子(ハルの母)はハルから韓国へ行くことを告げられます。

 

母はハルが先の事まで考えれいるのなら応援すると答えます。

 

母は「女は好きな人と一緒にならないと」と言います。

 

ナカジは美佐子(リンダ母)に会います。

 

美佐子からリンダの携帯電話を見せられます。

 

入院中リンダが保存したナカジ、ハル、ドクター、ピーへ宛てたメールが残っているとの事。

 

リンダがナカジに宛てたメール・・・

 

「人を傷つけることを恐れたり、自分が傷つくことを恐れたりせずに本当に大切なものと向き合ってほしい」というもの。

 

それを読んだナカジは韓国へ行こうとしているハルを追いかけ、空港へ。

 

出発ロビーへ急いだナカジはドクターと一緒にゲートの列に並ぶハルに向かって叫びます!

 

「好きだっ!」と。

 

未来へ。

 

ナカジはドクターと共に韓国へ行こうとするハルを空港まで追いかけ、自分の気持ちを伝えます。

 

しかしハルは「ごめん・・・ナカジ」と言い残し、そのまま搭乗ゲートへ。

 

ハルが迷っていることに気付いたドクターは、自分が韓国へ行っている間に考えて欲しいと言い、ハルを残し発ちます。

 

母・祥子から何故、韓国へ行かなかったのか聞かれたハル。

 

「ドクターの事は好きだが、自分がやるべき事を見極めたい」と言います。

 

奥田編集長に会ったナカジは、紹介して貰った大事な撮影中にリンダの元へ駆けつけため放棄した事を謝罪。

 

奥田はリンダの自殺は自分のせいなのでは、と苦しんでいました。

 

奥田はリンダを愛していた、とも言います。

 

泣きじゃくる奥田に「残された人間が自分を責め立ち止まることを望んでいないと思う」と告げます。

 

ハルは先日受験した試験の結果を校長に報告します。

 

ハルはまた試験に挑戦するつもりであることを話します。

 

父・亮介の元を訪れたナカジは、自分の代わりに紛争地帯への撮影に行かないか、と言われ愛用のカメラと今までナカジが渡していた金を渡されます。

 

1カ月後、日本に戻ったドクター。

 

ナカジを呼び出します。

 

ドクターは韓国へ帰る事、ハルにプロポーズする事を話します。

 

ナカジはリンダがドクターに宛てたメールを送ると、イラクに行く事にした、と打ち明けます。

 

ハルと会ったドクターは韓国へ戻る事を話し、彼女にプロポーズします。

 

しかしハルは「先生になる事が今、一番頑張ることだと思う」と答えます。

 

ドクターはハルの気持ちを理解し、ハルの夢を応援する、と言います。

 

ドクターはリンダが遺したメールを見ます。

 

「自分にないものを持っているドクターが羨ましかった」

 

「後悔することのないよう強くなって欲しい」と言うメッセージが記されていました。

 

ナカジがイラクへ旅立つ日、ドクターはハルの家を訪ねます。

 

ドクターはナカジがイラクへ行ってしまう事を告げ、ハルに空港へ行くよう言います。

 

タクシーで空港へ向かうハル。

 

ナカジの姿を探しますが、運悪くすれ違ってしまい、ナカジには会えず・・・

 

ドクターが韓国へ帰る日、ハルはピーちと見送りに行きます。

 

ピーちたちは気を利かせて2人きりにしてあげます。

 

ドクターは自分のせいでハルとナカジがうまくいかなかった、と後悔を伝えます。

 

ハルはドクターが好きだから付き合ったし、好きでいてくれてありがとうと気持ちを伝えます。

 

ドクターからナカジの住所を教えて貰ったハル。

 

ハルは手紙を書きます。

 

韓国へ行かなかった事、教員採用試験を受けるため猛勉強している事。

 

弟が再びクスリに手を出したが更生を信じて向き合う事・・・

 

ハルは何度もナカジに手紙を送ります。

 

そしてナカジやハルたち「スナナレ会」のメンバーが出会ってから1年後。

 

ピーちは「また集まって本当の仲間になってほしい」というリンダの想いを受け止め、皆に声をかけます。

 

ハルが教員試験に合格したお祝いもしようとの事。

 

ハル、ピーち、そして韓国から来たドクターは「ザ・エモーション」で再会。

 

しかしナカジは顔を出しませんでした・・・

 

楽しい時間を過ごしたハルはドクターたちと別れ、ナカジと初めて出会った歩道橋に向かって歩いていました。

 

その時、ハルを呼ぶ声が・・・

 

反対側の道路でハルを呼ぶのは、ナカジでした!

 

ナカジは今日、帰国したばかりでした。

 

ハルはナカジを「ザ・エモーション」に誘います。

 

さっきドクターたちと別れたばかりだから、皆に会える、とナカジの手を取るハル。

 

ナカジはハルの手を取り、一緒に走り出します・・・

キム・ジェジュン出演日本ドラマ『素直になれなくて』出演キャスト・登場人物

 

中島圭介(ナカジ)役:瑛太

戦場カメラマンを目指す駆け出しカメラマン。

 

旅行先で出会った桐子の事を大切に想っている。

 

リンダのおかげで連載の仕事も決まり、桐子と暮らす事を考えていた矢先に別れ話をされる。

 

さらに父親の病気が発覚、友人の死などショックな出来事が続く。

 

出版社から依頼された紛争地への取材のためイラクへ。1年後に帰国。

 

瑛太:プロフィール

  • 生年月日:1982年12月13日生
  • 出身:新潟県
  • 所属事務所:パパドゥ

 

瑛太:出演作品

  • 『最高の離婚』
  • 『ラスト・フレンズ』など

 

水野月子(ハル)役:上野樹里

金八先生に憧れ教師を目指すも教員採用試験に落ち、非常勤講師として働いている。

 

気が強く、つい意地をはって素直になれない性格。

 

相手を放っておけないおせっかいな性格からピーちと親友になる。

 

ナカジに心惹かれるも諦める。

 

ドクターに告白され付き合いますが、プロポーズは「教師になることを一番に考えたい」と断ります。

 

1年後、教員採用試験に合格する。

 

上野樹里:プロフィール

  • 生年月日:1986年5月25日生
  • 出身:兵庫県
  • 所属事務所:アミューズ

 

上野樹里:出演作品

  • 『ラスト・フレンズ』
  • 『スイングガールズ』など

 

パク・ソンス(ドクター)役:キム・ジェジュン

医療機器メーカーの営業マン。

 

5年前に妹と日本へ来日。

 

真直ぐで、人に優しい性格。

 

父は韓国で事業を興し、ドクターに跡を継いでほしいと考えている。

 

父が倒れ、妹と共に韓国へ帰り父の後を継ぐ。

 

キム・ジェジュン:プロフィール

  • 生年月日:1986年1月26日生
  • 出身:韓国
  • 身長:180㎝
  • 血液型:O型
  • 所属グループ:JYJ、元東方神起

 

キム・ジェジュン:出演作品

  • 『マンホール』
  • 『スパイ』など

 

西村光(ピーち)役:関めぐみ

子供服店に勤務。

 

高校時代にいじめられていた所をハルに助けられ、親友に。

 

上司と不倫しており、リストカットする癖がある。

 

関めぐみ:プロフィール

  • 生年月日:1985年9月8日生
  • 出身:神奈川県
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

 

関めぐみ:出演作品

  • 『迷宮カフェ』
  • 『県庁おもてなし課』など

 

市原薫(リンダ)役:玉山鉄二

雑誌編集者。外見を気に入った奥田に営業から編集に引き抜かれる。

 

奥田から逆セクハラを受け、ストレスによりEDになってしまう。

 

眠っているナカジに抱きつき、それをナカジに知られ驚かれた事にショックを受け、自殺を図る。

 

実家は病院。父と兄は医師。

 

玉山鉄二:プロフィール

  • 生年月日:1980年4月7日生
  • 出身:京都府
  • 所属事務所:メリーゴーランド

 

玉山鉄二:出演作品

  • 『ルパン三世』
  • 『BOSS』など

 

山本桐子役:井川遙

ナカジの恋人。

 

7年前に旅行先でナカジに出会い恋に落ちる。

 

経営危機に陥った育ての父の会社を救うため、取り引き先の山本と結婚。

 

結婚後もナカジとの関係を続けている。

 

ハルに対し激しく嫉妬するが、ナカジに強い執着心をみせるが夫にナカジとの関係を知られるとあっさり別れを告げる。

 

井川遙:プロフィール

  • 生年月日:1976年6月29日生
  • 出身:東京都
  • 所属事務所:エフ・エム・ジー

 

井川遙:出演作品

  • 『ガラスの家』
  • 『大奥』など

 

中島亮介役:吉川晃司

ナカジの父親。

 

元戦場カメラマン。

 

足を負傷してからは知り合いのカメラマンの雑用仕事のをしている。

 

予備校の生徒だったころ、講師をしていた祥子と交際していた。

 

吉川晃司:プロフィール

  • 生年月日:1965年8月18日生
  • 身長:181.5㎝
  • 出身:広島県

 

吉川晃司:出演作品

  • 『るろうに剣心』
  • そして『さらば あぶない刑事』など

 

水野祥子役:風吹ジュン

ハルの母親。

 

予備校講師をしていた際に生徒だった亮介と出会い、交際している。

 

風吹ジュン:プロフィール

  • 生年月日:1952年5月12日生
  • 出身:富山県
  • 所属事務所:パパドゥ
  • 身長:156㎝

 

風吹ジュン:出演作品

  • 『そして父になる』
  • 『コクリコ坂から』など

 

奥田真理子役:渡辺えり

雑誌編集長でリンダの上司。

 

面喰いでリンダの容姿を気に入り、営業から変種へ引き抜いた。

 

リンダを愛していたが、結果的に彼を追い詰めてしまったと自分を責める。

 

渡辺えり:プロフィール

  • 生年月日:1955年1月5日生
  • 身長:160㎝
  • 血液型:O型
  • 夫:俳優の土屋良太

 

渡辺えり:出演作品

  • 『あまちゃん』
  • 『舞妓はレディ』など

キム・ジェジュン出演日本ドラマ『素直になれなくて』感想

 

 

 

 

 

 

 

『キム・ジェジュン』出演日本ドラマ『素直になれなくて』まとめ

今回はジェジュンが出演した日本ドラマ『素直になれなくて』のあらすじやキャスト・感想を含め、動画を無料視聴する方法をご紹介して参りました!

 

日本のドラマに初出演したジェジュン♪

 

ジェジュンの相手役は上野樹里さんでしたね~♪

 

切ない物語となっていますが、5人の仲間を想う関係は美しいですね!

 

ジェジュン出演の日本ドラマ『素直になれなくて』が気になる!と言う方はぜひ、動画を無料視聴してお楽しみ下さい♪

【韓国ドラマ】を「無料」で見たい方へ

U-NEXTなら最新・名作・見逃した作品・600タイトル以上が無料で見れる。

>>U-NEXT【31日間・無料視聴】お試しはコチラ♡

登録は簡単(2ステップ)いつでも「無料」解約できます♪

本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

♡ 更新中です ♡
⇒【韓国ドラマ】全話あらすじ・ネタバレ『一覧』はこちら♪

関連記事

ジェジュン歴代彼女は?熱愛は日本人とも!?2017最新版を画像付きでご紹介

『ジェジュン』歴代彼女は?熱愛は日本人とも!?2017最新版を画像付きでご紹介

ジェジュン熱愛彼女はジェインで確定!?謎の女性と真相を画像付きで紹介

『ジェジュン』熱愛彼女はジェインで確定!?謎の女性と真相を画像付きで紹介

キムジェジュンドラマおすすめは?フル動画を日本語字幕で無料視聴がお得!

『キム・ジェジュン』ドラマおすすめは?

キムジェジュンの生い立ちが悲惨!?養子で裁判の真相がヤバ過ぎる

『キム・ジェジュン』の生い立ちが悲惨!?養子で裁判の真相がヤバ過ぎる

ジェジュン画像一覧!最新高画質かっこいい・かわいい画像に胸キュン必至

『ジェジュン』画像一覧!最新高画質かっこいい・かわいい画像に胸キュン必至

ジェジュンインスタが非公開で削除?!『NO』に込められたメッセージとは

『ジェジュン』インスタが非公開で削除?!『NO』に込められたメッセージとは